キビラ麻に職人の手染めのれんが軒下に栄える

 独特の透け感に京都らしい風合を感じるキビラ麻。ハリがあり繊維も粗い生地に、伝統技法を受け継いできた熟練の職人技でお宿のロゴが染められました。

DSC01706

京都のほんまもん

「町家小宿 京のおおぞら」の玄関軒下にかけられたのれんは、「京都のほんまもん」として認められ、京都市広告景観づくり補助金交付制度を利用して製作いたしました。

京都市は、のれんやちょうちんについて

京都で育まれた伝統的な技術、技法により、都市内で、手作業で製造等されたもの

を「京都のほんまもん」と定義づけています。

歴史ある京都の街にお越しいただいたお客様をお迎えするのれんだからこそ、京都のほんまもんが相応しい。

自然素材の麻に、熟練の職人により染め抜きされた当宿のロゴが入ったのれんを、たくさんのお客様がくぐられることに喜びを感じます。


製造・販売

京都のれん株式会社 http://www.kyonoren.co.jp/

職人さんの技術が素晴らしいだけでなく、商品の梱包も大変丁寧です