夏の日差しに似合う小さな花

お宿のオープンが近づいてきた頃、お庭に佇む貴船石の横で、紫色の小さい花が咲き始めました。草花の名は「ヤブラン(藪蘭)」。開花期が7月~10月ですので、暫くの間、上品な花を愛でられそうです。

庭の花

ヤブランの花言葉

キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草のヤブランの花言葉は、「謙虚」「隠された心」「忍耐」。

細い葉が魅力のヤブランですが、樹木の下や草陰に群生する姿や、長い葉の間からまるで隠れるように花が咲くことが花言葉に由来しています。

夏の京都の蒸し暑さにも負けず、上品な紫色の花を咲かせるヤブランの忍耐強い姿に見入ってしまいます。

10月頃まではお庭に咲くヤブランを楽しんでいただけそうです。