2~3月に町家に咲く可愛らしい白梅

白梅

京都の町家の風情を感じる白梅
梅の密が大好きなメジロの姿が見られるかも

1月中旬より大きく膨らみはじめた京都の町家・一棟貸切りのお宿「町家小宿京のおおぞら」のお庭の白梅。2月に入ると一輪、また一輪と可憐な花が咲き始めました。

春を告げる鳥と言えば「メジロ」と「ウグイス」ですが、梅の木とウグイスの姿を一緒に思い浮かべる方が多いかも知れません。
けれど、実はウグイスは虫や木の実などを食べますので、梅の花の蜜を吸いにやってくることは滅多にありません。また、警戒心がとても強い鳥ですので、美しい泣き声が聞こえても姿が見えないこともしばしば。

一方、メジロは梅の花の蜜が大好物。警戒心も緩く、里山や市街地でも庭木や街路樹などの花を巡って生活しているので、京都でも古くから親しまれた鳥。

2月の初旬の朝、町家のお宿の梅の木にメジロがやってきました。運が良ければ春の到来を告げる愛らしいメジロの姿を見ていただけるかも知れませんね。

京都の町家にゆったりと宿泊しながら、白梅が咲くお庭を眺めることもできるなんて贅沢ですね。
白梅は遅ければ3月中旬頃まで楽しめます。

雪のお庭